プレイガールの無料動画

概要

『プレイガール』は、東映が制作を担当し、1969年4月7日から1976年3月29日まで、毎週月曜日の21:00-21:56に東京12チャンネル(現:テレビ東京)で放映されたテレビ映画。全287話。なお、続編の『プレイガールQ』、再放送の『プレイガール傑作シリーズ』も同時間帯で放映された。

お色気女性アクションドラマで、当時流行っていたミニスカートから繰り出される前上段蹴りや、それによるパンチラシーン、オープニングのジングルは、黒地に唇、その右下に番組タイトルロゴが流れる。タイトルロゴは集英社の雑誌「週刊プレイボーイ」のものを流用している。サウンドロゴはケン・サンダースが「プレイガール」と録音したものを遅く再生し、超低音な特徴的サウンドロゴとなる。
河出書房新社から発行された河出人物読本『天皇裕仁』によれば、昭和天皇も視聴したことがあるという。
テレビシリーズ終了後の1992年には、テレビ東京が「プレイガール’92」を単発で放送。2003年には、東映ビデオが劇場用映画としてリメイク版を制作したものの、興行成績は振るわなかった。なお、2012年10月20日には、ファミリー劇場で「プレイガール2012」が放送されている。

最初のテレビシリーズ。1969年4月7日から1974年9月30日まで(全287話)。次回予告のナレーターは1話から第38話まで梅宮辰夫。第39話からはプレイガールメンバーが交代でナレーターを努めた。メンバーは全員、国際秘密保険調査員という肩書きを持つ。
肩書き通り保険金に絡む調査を行っており(第1話では「死亡保険金を得るための計画殺人」、第4話では「総額1億円の真珠の保険金と、5千万円の死亡保険金」)、第6話では「(事件に巻き込まれたが)保険金とは無関係な事件なので、警察に任せようか?」とオネエが仲間に相談する一幕もあった。後には「事件に巻き込まれる」という形で保険金に絡まない事件も手がけている。第4話での報酬が1500万円であったことから、保険金の1割が報酬と思われる。
当初は格闘技は必須の技能ではなかった(例:ユッコ)が、第6話以降、格闘のできない者は「足手まとい」と見なされ、ある程度の腕前が要求されるようになっている。銃の扱いも必要とされる。
メンバーを演じた女性は総勢22人。初期のメンバーは5人(「おっかさん」こと天戸昌子を除く)が定員のようで、第6話ではユーミンが「ランファンとマコが不在なら、自分とルナ子を入れると数が揃う」と主張した(第4話で万智子が押しかけた際は、マコが海外に出張していたため、万智子を入れて実質5名だった)が、後に人数枠は撤廃されている(その代わり、全員で事件に当たるケースがなくなる模様)

プレイガールにまつわる作品

Amazon、楽天市場、Yahooショッピングには見当たりませんでした。

視聴する

YouTubeで視聴

niconicoで視聴

PANDRAで視聴

miomioで視聴

動画のリンクが切れている場合

動画本数約340,000本!(Huluが約13,000本なので約26倍の動画数!)
利用料金:オンライン動画見放題月額933円(CD/DVD借り放題をつけると+1865円)

今なら新規利用は、1ヶ月タダ!
動画は基本見放題です。

毎月Tポイントカードのポイントも貯まります。

ドラマ・映画が好きなユーザーにはとてもオススメですので是非試してみてください。

TSUTAYAディスカスでプレイガールを見る

 

 

U-NEXTで視聴

動画本数:106,470本
利用料金:1,990円/月(毎月1,000円分のPPVポイントが付与)

今なら新規利用は、31日間タダ!
動画は基本見放題です。

Huluよりも動画本数が多いです。
また、U-NEXTはアダルト動画も充実しています。
ただし、新作映画は見放題にはいっておらず、PPVポイントを課金して見るところがデメリットです。

PPVポイントを課金する例
ドラマ1話:200~300円
スペシャルドラマ:400円
旧作映画:300円
新作映画:400円(HD画質500円)

U-NEXTでプレイガールを見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボクのお見合い日記の無料動画

ピュア・ラブIIIの無料動画

HOTEL第3シリーズの無料動画

パンドラ〜永遠の命〜の無料動画

ふたりの無料動画

ぽっかぽかの無料動画