コメットさんの無料動画

概要

『コメットさん』は、国際放映による特撮ドラマ作品。または、それを原作とした日本の漫画。横山光輝により「週刊マーガレット」に連載されていた。および、その主人公の魔法使いの名前。

ストーリーの展開は下記に示した各期それぞれに異なるが、宇宙のかなたからやってきたヒロイン・コメットが地球に降り立って、「地球での困りごとを魔法を使って解決していこう」というコンセプトは共通である。アメリカ映画『メリーポピンズ』がヒントとされている
魔法にはバトンを使用する、お手伝いさんとして住み込んでいる、歌が重視されている点も共通(それぞれ、住み込んでいる家庭の父親または母親が歌う点も共通)。

1967年7月3日 – 1968年12月30日にかけて毎週月曜19:30 – 20:00にTBS系列でブラザー工業提供の「ブラザー劇場」として、九重佑三子主演で初めてドラマ化された(ビデオ等では『九重佑三子のコメットさん』と表記)。
第1話 – 19話はモノクロ、第20話からカラー制作になった。全79話。第49話から、住み込んでいる家庭の両親役(職業、家とも変更)が交代した(子ども役二人は続投)。これをもって前期と後期に区分される。後年の地上波(主にTBS)の再放送は専らカラー版のみで、長らく全話の再放送はされていなかったが、90年代にはキッズステーションにて、2000年代にはチャンネルNECOにて再放送された。
第1回週刊TVガイド賞(現テレビ大賞)最優秀バラエティ喜劇番組賞など数々受賞。日本以上にメキシコで根強いファンが多く、「九重佑三子は、メキシコで最も有名な日本人」といわれるほどである。
このシリーズの特徴として、アニメと実写の合成パートもある。アニメ部分(校長先生やオープニングなど)は、当時東京ムービー(Aプロダクション)に在籍していた芝山努、椛島義夫が手がけていた。また、人形アニメの多用も特筆される。人形アニメートは当分野の第一人者である、真賀里文子が担当している。アニメ部分はモノクロ版とカラー版では、冒頭のコメットのいたずら(流星を大砲で飛ばす→モニュメントを天馬で壊す)、校長の「いたずらしてはいかんとあれほどいっていたのに!!」の台詞場面(コメットの目前で言う→コメットの場所に移動しながら言う)、OPでの星への落書き(ロケット自身で落書き→バトンの魔法で落書き)など、様々な点で相違点がある。なお校長先生のキャラは前期:ラッキョウ顔で柄パンツを着用→後期:丸顔でマントを着用。
子供の視点(いたずらや学校の事など)がドラマの中心となっている(コメット自身も、校長からイタズラっ子として扱われている。ベータ星から地球へ追放されたのも、いたずらを戒めるため)。ベータン(第14話より最終話)、コメットの祖母(第35話より第44話)がレギュラーである点も、特徴である。
主題歌の冒頭には湯浅がメシアンより影響を受け、自身の初期作品『内触覚的宇宙』などでも多用した移調の限られた旋法第2番が用いられている。
2007年7月6日(金) ~ 8日(日)「『コメットさん』生誕40周年記念展」が世田谷区内で開催された。ファン主催ながら国際放映の許可や関係者の協力も得て、ベータン実物人形を初め様々な秘蔵資料を展示。キャストやスタッフら関係者も多数訪れ、大盛況であった。
2013年7月、日本映画専門チャンネルの特別企画・『特撮国宝』(全4回放送)の第2回「真賀里文子」の放送作品に選ばれ、第14話・第20話が放送された(同時放送作品は「くるみ割り人形」)。ゲストとして、真賀里がベータン人形を連れて登場。企画監修・司会を務める樋口真嗣に制作秘話を披露した。また、樋口デザインのオリジナルベータンTシャツ100名プレゼントに対して1000名以上の応募があり、1967年の放送当時に行った非売品ベータン人形100名プレゼント以来の人気を博した。
2017年7月22日(土)「『コメットさん』生誕50周年記念祭」、翌23日(日)「秘密だワッショイ『コメットさん』16ミリフィルム秘密試写会」が神戸市長田区内で開催された。前述の生誕40周年記念展同様にファン主催ながら国際放映の許可やブラザー工業などの協力も得て、ベータン実物人形はもちろん過去最大級の秘蔵資料を展示。両日のメインゲストに山際永三監督を迎えた他、初日はスペシャルゲストに九重佑三子(コメット役)、サプライズゲストに河島明人(浩二役)が登場して両名は山際監督と数十年ぶり対面。さらにビデオレターの形で八木光生(星の校長先生の声)まで登場し、神イベントと評されるなど今後の伝説化が予想される。

コメットさんにまつわる作品

視聴する

YouTubeで視聴

niconicoで視聴

PANDRAで視聴

miomioで視聴

動画のリンクが切れている場合

動画本数約340,000本!(Huluが約13,000本なので約26倍の動画数!)
利用料金:オンライン動画見放題月額933円(CD/DVD借り放題をつけると+1865円)

今なら新規利用は、1ヶ月タダ!
動画は基本見放題です。

毎月Tポイントカードのポイントも貯まります。

ドラマ・映画が好きなユーザーにはとてもオススメですので是非試してみてください。

TSUTAYAディスカスでコメットさんを見る

 

 

U-NEXTで視聴

動画本数:106,470本
利用料金:1,990円/月(毎月1,000円分のPPVポイントが付与)

今なら新規利用は、31日間タダ!
動画は基本見放題です。

Huluよりも動画本数が多いです。
また、U-NEXTはアダルト動画も充実しています。
ただし、新作映画は見放題にはいっておらず、PPVポイントを課金して見るところがデメリットです。

PPVポイントを課金する例
ドラマ1話:200~300円
スペシャルドラマ:400円
旧作映画:300円
新作映画:400円(HD画質500円)

U-NEXTでコメットさんを見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

劇団演技者。あたらしい生き物の無料動画

軍師官兵衛総集編の無料動画

コンビにまりあの無料動画

結婚しないかもしれない症候群の無料動画

クローン ベイビーの無料動画

劇団演技者。雨が来るの無料動画