カバチタレ!の無料動画

概要

『カバチタレ!』は、監修:青木雄二、原作:田島隆 ( 田島隆公式HP )、作画:東風孝広による日本の漫画作品、およびこれを原作としたテレビドラマ。講談社の漫画雑誌『モーニング』1999年5月から2005年30号まで連載された。その後、『モーニング』2005年33号からは続編となる『特上カバチ!! -カバチタレ!2-』(とくじょうカバチ カバチタレツー)を、2013年23号からは第3部となる『カバチ!!! -カバチタレ!3-』を連載している。2010年1月からは『特上カバチ!!』を原作としたテレビドラマを放送。

行政書士事務所を舞台にして、主人公田村勝弘が様々なトラブルに葛藤しながら、法律知識を用いて依頼人を守っていくという物語である。青木雄二は本作の監修者とされているが、コマ割りや絵柄など青木の作風を踏襲しており、内容も法律を悪用しながらも様々な手段を用いて戦っていく青木の独特のテイストを含んでいる。単行本の表紙などでは、青木の名前が原作者や作画よりも強調されている。
同じ原作:田島隆、作画:東風孝広により『イブニング』で連載している事件屋をテーマにした作品『極悪がんぼ』とは世界設定が共通しており、『極悪がんぼ』の主人公である神崎守と本作の主人公である田村が鉢合わせする場面がある他、『極悪がんぼ』において大野事務所と神崎の交渉があった。また、監修者である青木雄二の作品『ナニワ金融道』に登場する帝国金融の広島支店の看板も登場しており、同一の世界にあることが示唆されている。
タイトルについては、主人公の田村が行政書士試験に合格するまでは『カバチタレ!』、試験に合格して資格を取ってからは『特上カバチ!! -カバチタレ! 2-』、事務所を引き継いで所長になってからは『カバチ!!!-カバチタレ!3-』と変更されている。カバチとは広島弁で「屁理屈」を意味し、カバチタレとは「屁理屈屋」の意である。また、本作品は台湾や韓国といった日本国外でも出版されているが、台湾での本作品のタイトルは「代書萬萬歳!」である。

上記の漫画を原作としてテレビドラマ化され、2001年1月11日から3月22日まで毎週木曜日22:00 – 22:54(JST)に、フジテレビ系の「木曜劇場」枠で放送された。常盤貴子と深津絵里のダブル主演作。

原作から舞台が広島から東京に変わったり、主人公の田村勝弘や栄田千春が女性に置き換えられていたり、序盤に田村に退職金と未払い分の給料が支払われるようにするのが原作では大野だがこのドラマでは栄田であったり、二人が大野勇に一時期恋をしたりするなど、様々な部分でキャラクター設定が大幅に変更されている。登場人物の変更のほか、ドラマ版オリジナルキャラクターも多い。先行して漫画からドラマ化された『家栽の人』のような重い雰囲気の社会派ドラマではなく、ひょんなことで出会った栄田と田村の周囲で展開されるラブコメディ部分と、大野事務所で繰り広げられる依頼者(受任者)側と相手側との攻防戦(法律バトル)を並行しながら同時展開する構成となっている。

キャスト

田村希美 – 常盤貴子
主人公。28歳。両親を早くに亡くした苦労人で、第一話で親戚に預けていた弟を広島から東京に呼び寄せる。バイク店で働いていたが、社長から受けたセクハラに反抗したところ、解雇されてしまい、途方に暮れていた時に、偶然知り合った千春から、解雇予告手当を請求するようアドバイスされる。その後は喫茶店のウェイトレスとして働きながら、千春の補助者として事務所でアルバイトをする。優しく正義感の強い性格が災いし、多くのトラブルに見舞われるが、「信じる者は救われる」という信念のもと、持ち前の明るさと粘り強さで乗り切っていく。その姿勢は千春や大野、後に戦うことになる生田にも高く評価され、「本気で法律を勉強して、行政書士にならないか?」と勧められるほどである。
常盤貴子の出演作品を全て見る

栄田千春 – 深津絵里
大野行政書士事務所に勤める行政書士。28歳。子供の頃、教師をしている父が「人を信じろ」というあまりに、相談に来たいじめられっ子を救えず、死に追いやってしまったという場面を目の当たりにし、「信じる者は救われない」という信念を持つようになった。以降父と不仲になり、実家には何年も帰っていない。仕事は素早く正確。普段は強気で冷静、かつ理屈っぽいが、想定外の事態に遭遇するとパニックに陥り、思考が停止してしまう。正反対の性格の希美とは時にぶつかることもあるが、いい男に弱く、正義感と結婚願望がとても強いという共通点があり、行動をともにするうちに彼女を親友と思うようになる。
深津絵里の出演作品を全て見る

田村優太 – 山下智久
田村の弟。16歳。高校生。よくトラブルに巻き込まれる姉を常に心配している。高校の女子にはもてるのだがあまり上手くいかない(本人曰く「今年は女難の年」)。最終回では春奈と結婚することを決める(年齢が16歳のため婚姻届は提出していない)。
山下智久の出演作品を全て見る

大野勇 – 陣内孝則
大野行政書士事務所の所長である行政書士。42歳。離婚経験があり娘と二人暮らしで、また鉄人28号が好きという設定が追加された。時々鉄人の(白黒の)カットが入ったり、相手が包丁を持って押しかけてきたときでも鉄人のテーマソングを聴きながら弁当を食べるなどギャグ面が強いキャラクターに変更されている。
陣内孝則の出演作品を全て見る

宮城京子 – 篠原涼子
女性警察官。25歳。最初は交通課勤務だったが生活安全課に異動させられる。自分は正義であると信じている。千春とは犬猿の仲。第10話で大野と交際していることが皆に知れる。喫煙者
篠原涼子の出演作品を全て見る

金田銀四郎 – 岡田義徳
大野事務所の所員。23歳。原作とは違って資格は持っておらず、千春にあごで使われている。千春に恋心を抱いており告白するシーンもある。原作の田村に近いキャラクター。
岡田義徳の出演作品を全て見る

小原春奈 – 香里奈
優太の彼女。16歳。時々優太の言動に幻滅することがあるが、最終回では海外へ飛び立つ前に優太と結婚することを決める。
香里奈の出演作品を全て見る

長谷川幸男 – 岡田浩暉
大野事務所の所員で有資格者。30歳。千春の先輩に当たる。キャラクター的には原作の金田に近く、以前は給料の3分の2をキャバクラ通いに注ぎ込んでいた。
岡田浩暉の出演作品を全て見る

重森寛治 – 田窪一世
原作と同じく、大野事務所の補助者であり、共に事務所を立ち上げた一番の古株。45歳。
田窪一世の出演作品を全て見る

加藤マキ – 伊藤さおり(北陽)
大野事務所の事務員。24歳。最終回で長谷川と結婚する。
伊藤さおりの出演作品を全て見る

生田加寿子 – 小林聡美
弁護士。35歳。一時は大野に協力を求めることがあったが最終回で大野を弁護士法違反で刑事告発しようとする。大野の天敵。卓球が得意で、休日には練習場へ足を運ぶ。
小林聡美の出演作品を全て見る

ゲスト・その他[編集]
各話で役が異なるクセのある脇役 – 虻川美穂子(北陽)
虻川美穂子の出演作品を全て見る

福田サキ – 猪俣ユキ
猪俣ユキの出演作品を全て見る

渋谷ユミ – 植松真美
植松真美の出演作品を全て見る

茸本健司 – 保阪尚希(第1話)
保阪尚希の出演作品を全て見る

亀有敬三 – 板尾創路(第1話)
板尾創路の出演作品を全て見る

温泉宿の女 – 木村多江(第1話)
木村多江の出演作品を全て見る

医者・弟 – 井坂俊哉(第1話、第4話)
井坂俊哉の出演作品を全て見る

知的な浮浪者 – 大杉漣(第1話、第11話)
大杉漣の出演作品を全て見る

大沢一子 – 山田優(第2話、第9話)※EDタイトルのシルエットダンサーだったことが最終回で公表。
山田優の出演作品を全て見る

大沢ヨネ子(一子の母親) – もたいまさこ(第2話)
もたいまさこの出演作品を全て見る

大沢学(一子の父親) – 津村鷹志(第2話)
津村鷹志の出演作品を全て見る

裁判所の役人 – 三井善忠(第2話)
三井善忠の出演作品を全て見る

沢木博之 – 川端竜太(第2話、第5話、第11話)
川端竜太の出演作品を全て見る

横山正輝 – 國村隼(第3話)
國村隼の出演作品を全て見る

横山光司 – 内田朝陽(第3話)
内田朝陽の出演作品を全て見る

鎌田昌代 – 草村礼子(第3話)
草村礼子の出演作品を全て見る

鎌田松雄 – 近江谷太朗(第3話)
近江谷太朗の出演作品を全て見る

梅代 – キムラ緑子(第3話)
キムラ緑子の出演作品を全て見る

桜子 – 明星真由美(第3話、第5話)
明星真由美の出演作品を全て見る

魅せる紳士(露出狂)/春奈の父 – 中丸新将(第3話、第11話)※一人二役。(おそらく同一人物ではない)
中丸新将の出演作品を全て見る

上里康太郎 – 加勢大周(第3話〜第4話)
加勢大周の出演作品を全て見る

松崎勝子 – 黒田福美(第4話)
黒田福美の出演作品を全て見る

松崎奈々子 – 遠藤ゆう(第4話)
遠藤ゆうの出演作品を全て見る

恒子 – 水川あさみ(第4話)
水川あさみの出演作品を全て見る

薫 – 横須賀まりこ(第4話)
横須賀まりこの出演作品を全て見る

中丸孝之 – 小林すすむ(第5話)
小林すすむの出演作品を全て見る

クリーニング店長 – 六平直政(第5話、第8話)
六平直政の出演作品を全て見る

優太の元カノ – 嘉門洋子(第5話)
嘉門洋子の出演作品を全て見る

さわやかなライダー – 藤岡弘(第5話、第11話)
藤岡弘の出演作品を全て見る

伊藤ナツミ – 樹里(第6話)
樹里の出演作品を全て見る

福原卓巳 (いずみの婚約者)- 豊原功補(第6話〜第7話)
豊原功補の出演作品を全て見る

いずみ(希美の友人) – 菅原禄弥(第6話〜第7話)
菅原禄弥の出演作品を全て見る

自称アユミの夫、田口 – 伊藤正之(第6話)
伊藤正之の出演作品を全て見る

自称アユミの夫の先輩、石田 – 金田明夫(第6話)
金田明夫の出演作品を全て見る

1人目の美人の客 – 国本真子(第7話)
国本真子の出演作品を全て見る

2人目の太った客 – 町野あかり(第7話)
町野あかりの出演作品を全て見る

内田陽平 – 鶴見辰吾(第8話〜第9話)
鶴見辰吾の出演作品を全て見る

内田冴子 – 中島ひろ子(第8話〜第9話)
中島ひろ子の出演作品を全て見る

内田大輔 – 松崎駿司(第8話〜第9話)
松崎駿司の出演作品を全て見る

内田美帆 – 佐久間李奈(第8話〜第9話)
佐久間李奈の出演作品を全て見る

水野尚人 – 石橋保(第8話、第10話)
石橋保の出演作品を全て見る

失礼な占い師 – 野際陽子(第9話)
野際陽子の出演作品を全て見る

瀬古井克明刑事 – 田中哲司(第9話)
田中哲司の出演作品を全て見る

英語教師 – 山田玲奈(第10話)
山田玲奈の出演作品を全て見る

梨本誠一 – 金子賢(第10話〜第11話)
金子賢の出演作品を全て見る

増田祐子 – 高木りな(第10話〜第11話)
高木りなの出演作品を全て見る

増田悠二 – 林泰文(第10話〜第11話)
林泰文の出演作品を全て見る

梨本吾郎 – 鹿内孝(第10話〜第11話)
鹿内孝の出演作品を全て見る

町田和哉 – 妻夫木聡(第5話、第10話、第11話)
妻夫木聡の出演作品を全て見る

 

カバチタレ!にまつわる作品

 


 

カバチタレ!の動画

の無料動画 視聴する YouTubeで視聴 niconicoで視聴 PANDRAで視聴 miomioで視聴 動画...
の無料動画 視聴する YouTubeで視聴 niconicoで視聴 PANDRAで視聴 miomioで視聴 動画...
の無料動画 視聴する YouTubeで視聴 niconicoで視聴 PANDRAで視聴 miomioで視聴 動画...
の無料動画 視聴する YouTubeで視聴 niconicoで視聴 PANDRAで視聴 miomioで視聴 動画...
の無料動画 視聴する YouTubeで視聴 niconicoで視聴 PANDRAで視聴 miomioで視聴 動画...
の無料動画 視聴する YouTubeで視聴 niconicoで視聴 PANDRAで視聴 miomioで視聴 動画...
の無料動画 視聴する YouTubeで視聴 niconicoで視聴 PANDRAで視聴 miomioで視聴 動画...
の無料動画 視聴する YouTubeで視聴 niconicoで視聴 PANDRAで視聴 miomioで視聴 動画...
の無料動画 視聴する YouTubeで視聴 niconicoで視聴 PANDRAで視聴 miomioで視聴 動画...
の無料動画 視聴する YouTubeで視聴 niconicoで視聴 PANDRAで視聴 miomioで視聴 動画...
の無料動画 視聴する YouTubeで視聴 niconicoで視聴 PANDRAで視聴 miomioで視聴 動画...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恋はあせらずの無料動画

誰よりもママを愛すの無料動画

外科医有森冴子パート2の無料動画

劇団演技者。冬のユリゲラーの無料動画

キッズ・ウォー2 〜ざけんなよ〜の無料動画

さよなら、小津先生の無料動画